form_ue_blog.gif

このメール講座(無料)は、ステップメールの仕組みを利用しています。 メールマガジンとは異なり、1年のうちいつ登録していただいても、第1回から第365回まで順次メールをお届けします。詳しくはこちら

お名前(ニックネーム可)
メールアドレス

form_bottom.gif
プロフィール
岩崎清華(Sayaka)
SayakaIwasaki_blog.png

岩崎清華(いわさき・さやか)
語学書&英語教材制作者

秋田生まれ・埼玉育ち。
国際基督教大学(ICU)教養学部教育学科卒業。
学生時代は学習塾の英語講師として、中学生から大学受験生までの英語クラスを担当。大学卒業後(株)中経出版に入社、英語学習誌『English Zone』編集部で、取材記者・編集者として、日本語・英語で記事を執筆・編集。その後、語学書専門出版社の(株)語研の編集者を経て、2011年3月に独立。語学書・英語学習教材のコンテンツ制作(取材・執筆・編集・校正)を専門とする。TOEIC990点、英検1級取得。

ご挨拶
はじめまして。岩崎清華と申します。最初に、「英語とのこれまでの付き合い」を紹介させていただきますね。初めて英語に出合ったのは、中学1年生の学校の授業でした。高校時代に音楽の授業で見た映画『The Sound of Music』が、英語に関心を持つ一番のきっかけとなってくれました。苦手だった英語を猛勉強して、国際基督教大学(ICU)卒業後、出版社に入社、約6年間英文誌・語学書の執筆・編集に携わってきました。在職中は、英語が苦手だったこれまでの経験を企画立案に活かしてきました。

テンプスタッフ・ワールドワイド・スカラシップ生として、2008年12月末から9カ月間、人生初めての海外生活をアメリカのシアトルで送る機会に恵まれました(2009年10月2日帰国)。帰国後2009年11月からは出版社に語学書編集者として勤務、質の高い&役立つ語学書制作に邁進し、2011年3月に独立しました。

英語関連の資格
TOEIC990点、英検1級

これからの目標(2011年3月以降)
読者の皆様にボロボロになるまで使い込んでもらえるような、質の高い語学書・英語学習教材を作りたいです。また、夜や週末の時間を使って、英語学習に役立つ情報をインターネットを活用して発信していきます。

これまでの仕事

【大学での講演会】
2013年4月
山梨県立大学・国際政策学部英語教育研究会主催
「未来につながる、TOEICスコアアップ法
―点数の先に広がる『英語世界』を楽しもう―」

2013年4月
山梨県立大学・国際政策学部英語教育研究会主催
「英語力を劇的に伸ばす、大学時代の過ごし方
―受験が終わったからこそできる、柔軟な英語学習法―」

2012年5月
山梨県立大学・国際政策学部英語教育研究会主催
「もうTOEICは怖くない! ― 底力をつけて、スコアアップも達成する方法 ―」

2012年5月
山梨県立大学・国際政策学部英語教育研究会主催
「英語力を飛躍的に伸ばす!大学時代の過ごし方」

2011年10月
山梨県立大学・国際政策学部英語教育研究会主催
「TOEIC入門講座 ― 在学中に無理なく730点を突破する ―」

2011年10月
山梨県立大学・国際政策学部英語教育研究会主催
「英語上達の極意 ― 語学は大学生になってからが、本当の勝負 ―」

【大学での英語講座】
2012年11月
山梨県立大学において、1日集中TOEIC講座(4コマ)を担当させていただきました。

【特集記事執筆】
*2013年2月号・8月号でイディオム特集記事を執筆させていただきました(5ページ)。


【企画立案・制作責任者*語句&一言解説執筆も担当】
*2011年3月、重版達成しました。


【英語勉強法コラム執筆】
TOEIC勉強法についてのコラムです。


【企画立案・取材・執筆・編集担当の英文誌1】
『English Zone』(3号〜37号)*バイリンガル英語学習誌です。
























【企画立案・取材・執筆・編集担当の英文誌2】
『ENGLINK』(1号〜6号)*バイリンガル英語学習誌です。




【企画立案・編集担当の語学書】
*担当書籍、すべて重版達成しました。



【日本語・英語校正 協力】




英語圏の映画や海外ドラマが iPhone や PC で気軽に楽しめるので、私も日々重宝しています。

カテゴリー

運営メルマガ

語学のアトリエ通信

英語学習に役立つ内容を毎月1日にお届けします(無料)。 詳細はこちら

お名前(ニックネーム可)

メールアドレス

リンク集

ブログ内検索

モバイル

qrcode

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

box_shita.gif
このページの先頭へ▲