form_ue_blog.gif

このメール講座(無料)は、ステップメールの仕組みを利用しています。 メールマガジンとは異なり、1年のうちいつ登録していただいても、第1回から第365回まで順次メールをお届けします。詳しくはこちら

お名前(ニックネーム可)
メールアドレス

form_bottom.gif

第315回『ジェイン・オースティン 秘められた恋』で味わう、前置詞としての like

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【映画のセリフで味わう!英文法】 第315回

『ジェイン・オースティン 秘められた恋』で味わう、前置詞としての like
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

おはようございます。岩崎清華です。

第315回は Becoming Jane(邦題:ジェイン・オースティン 秘められた恋)のセリフをご紹介します。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

"Nothing destroys spirit like poverty."

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【英文法、ここに注目!】

like poverty のところで使われている like に着目しました。

like といえば、私たちが中学校で最初に習ったのは、動詞(〜が好きである)でした。

でも、ここでの like は「動詞」ではなく、「前置詞」(〜のように)として機能しています。多機能な単語ですね!


[おさらい]前置詞としての like が出てくるセリフ

★ "She's like sunshine. Everything's better when she's there."
(彼女は太陽の光みたいな存在。彼女がそこにいると、すべてが良くなる)
― 第15回『バレンタインデー』

★ "Angels are like diamonds. They can't be made, you have to find them. Each one is unique."
(エンジェルはダイヤモンドのようなもの。作ることはできないし、見つけなきゃいけないの。それぞれが唯一無二なのよ)
― 第16回『チャーリーズ・エンジェル フルスロットル』

★ Gael:"When I grow up, I want to be just like you."
Lucy:"When you grow up, you should be just like you."
ゲール「大きくなったら、あなたみたいになりたいな」
ルーシー「大きくなったら、あなたらしくあるべきよ」
― 第17回『ナルニア国物語/第3章: アスラン王と魔法の島』

★ "I love Peter Pan and the lost boys. They were orphans like me."
(私はピーター・パンとロストボーイズが大好きなの。彼らは私と同じように孤児だったから)
― 第82回『アニー2』

★ "Love isn't like some enchanted evening. It isn't a fairy tale,
or even love at first sight."
(愛はうっとりする夜みたいなものではないの。おとぎ話でもなく、ましてや、ひと目ぼれのことでもないのよ)
― 第192回『ウェディング・プランナー』

★ "There's no place like home."
(おうちが一番)
― 第298回『オズの魔法使い』


【語句解説】
・destroy [動]〜を破壊する
・spirit [名]精神、活気
・poverty [名]貧しさ、貧困

【和訳】
「貧しさほど精神を打ち砕くものはないよ」


【筆者より一言】

『ジェイン・オースティン 秘められた恋』(2007年)は、現代でも繰り返し作品がドラマ化・映画化されている Jane Austen(ジェイン・オースティン)の知られざる一面を描いています。

ジェインが生きた18〜19世紀のイギリスは、女性はお金持ちと結婚するのが幸せと考えられていた時代。そんな時代にあって、ジェインは「ペンの力」で独立して生きようと考えて、お金持ちとの結婚には見向きもしませんでした。

そして、もし仮に結婚するならば、愛情を大切にしたかったのです。

ある日、ロンドンからジェインの住む田舎へやって来た、法律を学ぶ学生 Tom(トム)。都会出身の高慢な男性に思えたトムでしたが、ジェインは自分にない要素を持った彼に次第に惹かれていきます・・・。

Anne Hathaway(アン・ハサウェイ)がジェインを、James McAvoy(ジェームズ・マカヴォイ)がトムを演じています。


"Nothing destroys spirit like poverty."

今日のセリフは、ジェインの父親が娘に語った言葉です。夢を語る娘に、貧しさがもたらす現実を伝えたかったのだと思います。


ジェイン・オースティンにちなんだ作品は、このメール講座でもご紹介してきました。

★ "I couldn't stop reading."
(読まずにはいられなかったの)
― 第34回『ジェーン・オースティンの読書会』

★ "No excellence can be acquired without constant practice."
(卓越性を手に入れるには、たゆまぬ練習が必要なの)
― 第141回『プライドと偏見』

★ "Maybe it is our imperfections which make us so perfect for one another."
(お互い欠点があるからこそ、まさにお似合いのカップルになるんだと思うよ)
― 第172回『Emma エマ』

★ "No man dies of love but on the stage."
(男性が恋の病で死ぬのは、舞台の上だけなのよ)
― 第175回『マンスフィールド・パーク』

私はとりわけ、『Emma エマ』のセリフが好きです。


『ジェイン・オースティン 秘められた恋』の予告編(英語版)は、YouTubeでも公開されています。もしよろしければ、覗いてみてくださいね。

http://www.youtube.com/watch?v=L0Ml1yOI5vM


それでは、よい1日を!

岩崎清華(Sayaka)



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■運営サイト「語学のアトリエ」
 http://www.gogakuatelier.com/

■発行者・岩崎清華(Sayaka)
 http://www.gogakuatelier.com/profile
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

form_ue.gif
このメール講座への登録を希望される方は、こちらのフォームからお申し込みください。
1年のうちいつ登録していただいても、第1回から第365回まで順次メールをお届けします。
(無料)
お名前(ニックネーム可)
メールアドレス


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

英語圏の映画や海外ドラマが iPhone や PC で気軽に楽しめるので、私も日々重宝しています。

カテゴリー

運営メルマガ

語学のアトリエ通信

英語学習に役立つ内容を毎月1日にお届けします(無料)。 詳細はこちら

お名前(ニックネーム可)

メールアドレス

リンク集

ブログ内検索

モバイル

qrcode

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

box_shita.gif
このページの先頭へ▲